表皮の細胞は一番深いところの基底層から生まれて、少しずつ表面に押し上げられていくことで、角質を構成して最終的には垢となることで皮膚からはがれ落ちます。
この表皮細胞におけるサイクルのことを皮膚のターンオーバーという呼び方がされるもので、およそ4週間ごとにこの皮膚のサイクル活動が行われています。
多くの肌のシミは表皮の最も深いところである基底層の周辺に、メラニン色素が沈着しているものとなります。
この表皮層では、メラノサイトと呼ばれているメラニンを生成する細胞があります。
一般的に市販が行われているような医薬部外品である美白剤などは、メラノサイトがメラニン色素を新しく生成する量を減らす作用を行う成分が微量に含まれているものとなりますが、その作用としては弱いもので、現状において色素沈着を起こしているようなメラニン色素を外に出す効果を得ることはできません。
トレチノインは表皮の基底層にあるメラニン色素について、外側に押し出すような働きを持っていて、トレチノインは表皮の細胞を増殖させる作用もあるために、表皮の細胞は押し上げられていってメラニン色素を一緒に持ち上げることが可能となります。
肌のシミの治療などに有効な成分であるトレチノインを使用することと、漂白剤として強い効果のあるハイドロキノンを使用することによって、メラノサイトにおいて新しいメラニンを生成させないようにします。
それによって、メラニン色素が表皮で少なくすることができるので、新しい綺麗な皮膚組織に置き換えることが可能になります。
美肌や美白に効果のある成分としてビタミンA誘導体が注目されていて、現在では数多くの化粧品などに使用されています。
トレチノインはビタミンA誘導体の一種となるもので、肌のターンオーバーを促進させる効果があります。
トレチノインはアメリカ食品医薬品局であるFDAの認可を受けているもので、美白ケア成分として高い効果を発揮するということで、美容皮膚科やクリニックなどで使用されています。
日本においては処方箋を必要とする医薬品ということで、ハイドロキノンと併せて配合濃度によって医師による処方が必要となるために、一般的には美容皮膚科やクリニックにおいて医師の診察を受けてから処方してもらうことで利用することができます。
シミやシバカス、シワ、ニキビなどの改善に有効であると考えられており、肌内部のヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させる効果も持っています。